ジンの世界旅行記

20歳大学生。初めて韓国に海外旅行に行って以来海外、旅行に魅了され、暇さえあれば旅行に行っている。自分がシェアしたい情報を発信したい!と思いブログを立ち上げました!

MENU

(2020年最新版)バンコクの三大寺院、ワットポーの行き方や注意点まとめ

 

今回ははじめてタイのバンコクに行く方におすすめしたいワットポーという場所を紹介したいと思います。

今まで韓国旅行をメインにブログを書いてましたが、他にもたくさんの国に行っているので今回からタイ、ヨーロッパ諸国、台湾等についてのブログも書いていこうと思います。

 ワットポー(Wat Pho)

今回紹介するのは、バンコク三大寺院(ワットアルン・ワットプラケオ・ワットポー)の一つであるワットポー(Wat Pho)です。

f:id:jntravelallovertheworld:20200402205136j:plain

ワットポー

ワットポーといえばこの大きな寝ているお釈迦様が有名です。

テレビでもよく紹介されていて、知っている方もいるのではないでしょうか。

全長46メートル、高さ15メートルでとても大きなお釈迦様で見ているだけで圧倒されます。

タイには多くの寺院がありますが、その中でも最も古い寺院で人気があります。バンコクに行くのであれば、訪れておくべき場所の一つです。

f:id:jntravelallovertheworld:20200402205753j:plain

お釈迦様の横には写真では見えにくいですが、108つの鉢が並んでおり、その中にサタン通貨をひとつひとつ入れていくことで煩悩を捨てることができます。

近くに20バーツ(70円程)を渡すとサタン硬貨と交換してくれる場所があります。そこでサタン硬貨をたくさんもらいひとつひとつ鉢に硬貨を入れていきます。

f:id:jntravelallovertheworld:20200402210326j:plain

f:id:jntravelallovertheworld:20200402210448j:plain

寺院の敷地内も綺麗で写真が好きな方は楽しめると思います。

入場料が200バーツ(2020年1月時点)で水が無料でもらえる券がついています。寺院の敷地内を歩いているとFree waterと書いているテントのようなものを見つけれるのでそこでペットボトルのお水がもらえます。

 

ワットポーへの行き方 

行き方ですが、古い情報では地下鉄が通っていないので、タクシーや、トゥクトゥクを利用したり、水上ボートを利用しないといけないと書いているブログもありますが、最近地下鉄が延伸され、最寄駅から徒歩5分ほどでアクセスできるようになっています。

このMRTサナムチャイ駅が最寄り駅です。

スクンビットエリアに宿泊する方が多いですが、スクンビットエリアから約40分ほどでアクセスできます。

水上ボートを使って訪れるのも景色を楽しめるのでいいですが、地下鉄を利用するのが一番簡単でオススメです。

ワットポーに行く時の注意点

タイの寺院を訪れる時の基本的な注意点ですが、露出度の高い服装を避けることです。露出度の高い服装だと、入るときに羽織るものを借りないといけなかったりして面倒です。後は海外でスリも多いと聞くので、スリには気をつけましょう。

 

基本情報

名称:ワットポー(Wat Pho)

住所:2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok

最寄駅:MRTサナムチャイ駅(MRT Sanamchai)

入場料:200バーツ

営業時間:8:30~18:30

 

バンコクの中で人気なスポットではじめてバンコクに行かれる方にオススメのスポットでした。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます^^