ジンの世界旅行記

20歳大学生。初めて韓国に海外旅行に行って以来海外、旅行に魅了され、暇さえあれば旅行に行っている。自分がシェアしたい情報を発信したい!と思いブログを立ち上げました!

MENU

バンコクで大人気!ミシュランにも掲載されたピンクのカオマンガイの新店舗の場所と基本情報

 

今回はバンコクで大人気のピンクのカオマンガイ(ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム)の新店舗に行ってきました。ピンクのカオマンガイは日本にも支店があるので聞いたことがある人も多いかもしれないです。

 

カオマンガイとは

タイ語で『カオ』はご飯、ガイは『鶏肉』という意味で、カオマンガイは名前の通り、鶏のだしで炊いたタイ米蒸し鶏をのせた料理です。香港、マレーシア、シンガポール等の東南アジアでの庶民料理で『海南鶏飯』や『海南風チキンライス』と呼ばれることもあるので、こっちの名前で知っているかたも多いのではないでしょうか。

タイではカオマンガイ専門店も多いですし、ショッピングモールのフードコートに行けば必ず見つけることができるくらい人気な料理の一つです。

その中でも今回紹介するお店はミシュランガイドにも掲載され、大行列ができるほど人気なカオマンガイのお店です。

 

ピンクのカオマンガイ・ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

ピンクのカオマンガイは正式名称はラーン・ガイトーン・プラトゥーナムというお店で店員さんがみんなピンクの制服を着ていることからピンクのカオマンガイと呼ばれています。

ピンクのカオマンガイバンコクに2店舗あり、今回は新しい方の店舗に行ってきました。

 The market bangkokというショッピングモールのグランドフロアに新店舗ができました。

こちらのお店は値段が20バーツ(70円ほど)本店より高いですが、クーラーの効いた店舗で食べることができ、ショッピングのついでに立ち寄ることができます。また、バンコクは基本的に年中通して暑いので、涼しい場所でご飯を食べたいと思うことも多いので、涼しい場所で食べたいならこちらの店舗がおすすめです。

店構え

f:id:jntravelallovertheworld:20200422221959j:plain

ピンクのカオマンガイの店構え

私が行った時は15時ごろでしたが、このように列ができていましたが、回転が早いのであんまり待つことなく席につけました。

f:id:jntravelallovertheworld:20200422222907j:plain

ピンクのカオマンガイミシュラン

このようにミシュランに掲載されたことや、お店のホームページ等が載ったバナーが出ているので、すぐ見つけることができると思います。

メニュー

f:id:jntravelallovertheworld:20200422222359j:plain

ピンクのカオマンガイのメニュー

f:id:jntravelallovertheworld:20200422222249j:plain

ピンクのカオマンガイ注文票

列に並ぶとこのようにメニューと注文表を店員さんが渡してくれ、人数をきいてくれました。

並んでいる間にこの注文票を記入し、順番が近くとなると店員さんが回収しにきます。

No,101の『海南鶏飯』がカオマンガイですので、その横に数字を書きます。私は食べなかったですが、空芯菜も美味しそうでした!

 

f:id:jntravelallovertheworld:20200422223120j:plain

ピンクのカオマンガイ

席に着いてから2分としないくらいに運んできてくれました。

このようにカオマンガイと上にかけるソースと鶏肉を茹でただし汁がセットで付いてきます。

カオマンガイは鶏肉がプリプリで、ご飯にも味がしっかり染み込んでいます。このソースがピリ辛で、かけても美味しいですが、かけなくても美味しいので、味を変えたい時にかけて食べるのがいいと思います。

さすがミシュランにも掲載された人気店ですね。とても美味しく、味わい深い料理でした。

このクオリティで60バーツ(200円程)なので大満足です。日本にもお店があるようですが、そちらは800円ほどするそうなので、タイで食べると4分の1の値段で食べることができます。

 

基本情報

店名:ラーン・ガイトーン・プラトゥーナ (Raan Kaithong Pratunam)

営業時間:10:00~21:00

住所:111 Ratchadamri Rd, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330 (The market というショッピングモールの住所です)

値段:200円ほど〜

 

バンコクに訪れた際に是非利用してみてください。最後まで読んでくださりありがとうございました。